彼女と別れて1週間の編集者がオススメする最強の合コン服

服を買った。

ユニクロ以外で服を買うのは実に約1年ぶりで、というのも、友達がいないくせに飲み会は多いのでバンバン金が飛んでいくし東京の家賃は高いし料理もしないので食事は全部外食という感じでファッションに割く金などありようがなく、そこにきて3か月前から計画していた旅行があったりして口座も財布も息の根を止められつつあった。そんな僕が服を買った。しかも伊勢丹で買った。新宿の、伊勢丹、メンズ館だ。あまりに中国人が多いので「ここは上海か?」と思ったけど国際都市で様々な人種が行きかう上海よりも比率としては多かった気がするぞ。上海行ったことないけど。

虎の子の8万円をここにきてなぜ服につぎ込んだかというと彼女と別れたからなんです。そのことについて長々と語るつもりはないが、とにかく、僕は新しい服を買おうと思った。別れを切り出したのは僕だが別に束縛されていたわけではないからそこに解放感などなく、できた時間でやりたいこともなく、ほかに好きな人なんていないし、適当にへらへら合コンでもしながら日々を送るか来週誕生日だけど。1カ月後クリスマスだけど。などと考えていたが一つだけ自由になったものがあった。今まで恋人との時間に投資してきたお金だ。これを服に使おうと思った。

もともと僕は服とかファッションが好きな方で、大学時代はキャンパス近くの古着屋に入り浸っては店員の口車に乗って乗って乗りまくりレディースの赤いベロアジャケットなんかを購入して悦に入っていたタイプの救いようがない学生だったのだが、幸いなことに今はその嗜好も多少は落ち着いてワードローブもずいぶん地味な色合いになった。そうやって大人になった僕が伊勢丹をさまよって買った服がこれだ。

f:id:benchandcoffee:20161127132621j:plain

MAISON KITSUNE'のナイロンブルゾン。

今の時期は前を閉めてコートの下に着れるし、春にはアウターになるし、ちょっと暑くなってきてもTシャツの上にさらっと羽織れる。クソ根暗文科系伊達眼鏡の僕はこういうスポーティな服をあまり持っていないので目先を変えてみるのにもちょうどいいかなと思った次第だ。

さて、それとはまったく関係ないが、僕は「MAISON KITSUNE'合コン最強説」という持論を持っている。

まず、デザインが普遍的でほどよくカジュアルで物がいい。加えて、MAISON KITSUNE'最大の特徴であるキツネのワンポイント。これが重要なのだ。かわいいよね、キツネ。

このワンポイントがすごくて、特にMAISON KITSUNE'を知らない女性でも「あ、キツネだ。かわいー!」となるし、ファッション感度が高い女性なら「MAISON KITSUNE'の服じゃん! やっぱり(物が)いいねー」となるし(ここから「センスがいいねー」とつなげるには着る人の努力が必要)、同席する男性からしてもMAISON KITSUNE'は嫌らしく見えないというか、高級時計みたいにいかにもな経済力アピールの記号にはならないし、ファッション感度が高い男性からも「お、キツネか、いいね」くらいで済む。なんでか知らないがMAISON KITSUNE'をマウンティングするファヲタは少ないですよね。なんでですかね?

要するに、MAISON KITSUNE'は合コンファッションにおける超八方美人の優等生ブランドなのだ。加点はあっても減点はないという稀有なブランドなので「合コンに行くんだけど何を着ていけばいいかわからない」と相談されたら僕は「ヤフオクでMAISON KITSUNE'のセーターを買え」と答えることにしている。そんな相談されたことないけどな。

f:id:benchandcoffee:20161127132626j:plain
かわいい、キツネ

f:id:benchandcoffee:20161127135651j:plain
ちょうど左乳首のあたりにキツネのワンポイントがくるセーター。女の子に触ってもらおう