インターネットでの争いについて(踊るのをやめてしまったサボテンに捧ぐ)

もうずいぶん昔の出来事のように思えるが、2月の中頃にサボテンが踊るのをやめた。

この頃、東京では長い冬の出口が見え始め、季節が変わるのを予告するように、何日かに一度は潤んだ南風が吹く朝があった(ワニもまだ生きていた)

足音が聞こえるほど近くなった春を待ちながら、ふいにタイムラインに現れたこのツイートを見て、僕は胸を締め付けられた。泣き笑いのような顔になった。

サボテンは踊るのをやめてしまったのだ。

古い友人の訃報を告げられたような気持ちだった。表面的にはおもしろがってはいても、心のどこかで皆が実感をもってこの事実を受け止めざるを得なかったから、川崎氏(@_rotaren_)のこのツイートもここまで拡散されたのではないかと思う。本人の意思はともかくとして(他意のない軽口が本質を突いてしまうことはしばしばある)

一口に「インターネットでの争い」といっても色々だけど、真っ先に思い浮かぶのはコメント欄やリプライツリーに連なる短文の数々だ。その内容の正誤、態度の良し悪し、品格の高低は様々だし、真剣に交わされる議論や教養に裏打ちされた意見交換(つまり、本人同士からしてみれば争いにはあたらないやりとり)も中には含まれる。でも、ズームアウトすると全体としてはやっぱり「インターネットでの争い」に見える。

では「みんながインターネットで争ってばかりいる」ことの何が悪いのかというと、別に悪いことではない。件のツイートでも悪いとは言っていない。ただ、「みんながインターネットで争ってばかりいる」からサボテンが踊るのをやめてしまったという事実だけが厳然と告げられている。そして、「お前のせいです」と指摘される。とどめに「あ~あ」と落胆される。

「インターネットでの争い」について、僕は「内容や当事者の態度はともかくとして、とにかくコメント欄やリプライツリーがいろいろな意見で繁忙している感じ」と雑に定義した。しかし恐らくこの雑な定義でないとしっくりこないのが、踊るのをやめたサボテンの話から浮かび上がってくる「争い」の正体であり、知らずして僕たちから古い友人を奪い去ったものでもあるのだと思う。

当たり前だけど、世の中の人はそれぞれに異なる意見や価値観をもって暮らしているのであり、コミュニケーションが発生する以上は、相手と異なる意見や価値観を表明することもまた避けられない。改めて書いてみると本当に当たり前の話だが、踊るのをやめてしまったサボテンについて思いを致すためにはここから書き始めないといけない。

世の中の人が「異なる意見や価値観をもって暮らしている」と書いたが、これは例えば「辛いカレーが好き」な人と「甘いカレーが好き」な人がいるという話ではなくて、「いつも食べているカレーが辛いか甘いかなんて生まれてこの方考えたこともなかった」人もいるわけだ。

辛いカレーが好きな人と甘いカレーが好きな人は、嗜好は違えど「カレーが好き」という点では共通しているわけだから、カレーについて活発に意見を交わすことができる。時には、辛いカレーが好きな人が頭ごなしに甘いカレーを否定して喧嘩になることもあるだろうし、辛いカレーが好きというだけで甘いカレーが好きな人からいわれのない人格攻撃を受けた人がその事実を告発し、甘いカレーが好きな人に批判が集中することもあるかもしれない。もしも「辛いカレーが好き」というだけで命を奪われるようなことがあれば、これはカレーに興味があろうとなかろうと広く報じられて多くの人が知ることになるだろう。

「インターネットでの争い」とはつまり、この辛いカレー派と甘いカレー派との間で交わされるコミュニケーションが、大勢の人が行き交う場所で行われている状態を指す。カレーが辛いか甘いかなんて考えたことがないような人も、彼らの議論に簡単にアクセスできるし、なんなら参加もできる。インターネットはそれを可能にした。

「インターネットでの争い」というが、当人同士が本当に争っているかどうか、これはサボテンが踊るのをやめてしまった事実に対してはあまり意味を持たない。また、世の中で意見や価値観が対立しているのは辛いカレー好きと甘いカレー好きだけでは当然なくて、無数の摩擦や対立がある。それ自体は当たり前だし、健全なことだ。ただ、種々のコミュニケーションがあまりにも人目につく場所で行われていると、カレーの話をしているのにたまたま通りがかった人が「スプーンで米を食べるとは何事か」みたいなことを言ってきたりする事態がしばしば発生する。

繰り返すが、この状態が良いか悪いか、という話ではないのだ。様々なコミュニケーションが大通りで行われるようになったことで、今まで一部の人の間でしか共有されていなかった問題意識が広く知られ、陰で苦しんだり悲しんだりしていた人が救われるようになったこともあるだろう。例えば甘いカレーが好きな人が、辛いカレーが好きな人から差別的な扱いを受けて深刻な不利益を被っていることが分かったとしたら、それはカレーに一切関心がない人であろうと、差別的態度の是正を働きかける必要がある。なぜなら甘いカレー好きが受ける差別を見過ごすことは、その人が猫派だったとして、自身が犬派から差別的な扱いを受けることを肯定することになるからだ。そうして世の中は自ら良くなっていく力を強める。「インターネットでの争い」も捨てたものではない。

全てはコインの表裏で、技術の進歩は進歩についていけない人を生んでしまうし、ある問題を解決しようとすると、不可避的に別の問題が発生する。それでも、全体的に、合計値として良くなっていくために社会は変わり続ける。コミュニケーションのあり方だってそうだ。「インターネットでの争い」の裏には、それよりももっと多くの、「インターネットでの愛」「インターネットでの友情」「インターネットでの幸せ」などがあるはずだ。

でもサボテンは踊るのをやめた。

そのことについてはよく考えないといけない。

見て!サボテンが踊っているよ
かわいいね

もちろん現実にサボテンが踊ることはないのだが(ないはずだ)、言われてみれば僕たちは、踊るサボテンを見つけて「かわいいね」と笑い合っていたことがあったような気がする。

そんな瞬間を記憶からたぐり寄せてみる。それは例えば、海沿いのテラスで食事をしていたら泳ぐウミガメの姿を見つけたり、散歩していたら猫が木登りする瞬間に出くわしたり、電車の中で会いたかった人と再会したりした時と同じ気持ちなのかもしれない。だからこんなにも、サボテンが踊っているのが懐かしくて愛しいのかもしれない。

ウミガメを見つけることも、猫の木登りに出くわすことも、会いたい人と偶然に再会することも、人生からなくしてしまうのは簡単だ。ずっと別のことに気を取られていればいいのだから。

インターネットによって、僕たちは本当に多くのことを知るようになったし、多くの人と話せるようになった。それは多分、全体として、世界を良くしたと思う。

でも、きっともう、インターネットの大通りではサボテンが踊っているのを見つけることはできない。それは僕のせいだ。そして、あなたのせいでもある。

もしもあなたが、この広いインターネットのどこかでサボテンが踊っているのを見つけたら、そのことをただひっそりと喜んでほしい。人混みでサボテンは踊れないのだ。

- - - - -
筆者: すなば
→Twitterアカウント